« サマー・パーティ | トップページ | WFC SUMMER PARTY 2008 その2 »

2008年7月19日 (土)

WFC SUMMER PARTY 2008 その1

行って参りました、WFC SUMMER PARTY 2008。

1時間ちょっとで着くところに住んでいるので、遠方の方には怒られそうですが、遠かった、特に東京駅で京葉線のホームまでが…夏休み初日とあって、京葉線乗客は、明らかにディズニーランドに出かける人たち、遠征なのか運動部の高校生の集団、そして、なぜか、浴衣の人々(若い男女に年上の女性の方々)、その中で、一人の私って、なんか浮いている?初めて、ディズニーリゾートラインにも乗りました。乗客にはそれらしきお仲間の姿も見かけられました。でも、ベイサイドステーションを降りて、ヒルトンへ歩く私の回りに、人影は皆無。間違っていないよねと葉書でホテル名を確認。

ホテルのロビーに入ると、人、人、人…明らかにディズニー観光ではない、あらゆる世代の女性がいっぱい。12時ちょっと過ぎに着いたのに(出がけに夫に飛行機の予約の仕方を教えていて出遅れた、どうして何回やっても覚えないのだろう、邪魔する気?)、みんな早いのですね。早速受け付けへ。何しろ初心者なので、どこに並んでいいのかもよくわからない。ここは複数申し込みの列と教えられ、奥の列へ。回りはみんな、お友達がいらっしゃるようで、とても羨ましかったです。1500人くらいのホールに椅子がびっちり、凄い!!

受付を済ませて、まずは腹ごしらえ、サンドイッチを買って軽くランチ。すぐに着席の時間になり、急いで会場へ。私の席に何か荷物が置いてある、途端に不安になる初心者。隣の方が、「お土産よ、席のカードも持って帰っていいの」とやさしく教えてくださる。「お土産も貰えるんだ!」と感激する初心者。一番後ろの列でしたが、「絶対たかちゃん後ろを通ってくれるから、いい席よ」と教えてくれる。「こんなに多いんですか…」と驚く私に、「飛天はもっと広かったけれど、普通退団するとファンは減るのに、たかちゃんファンは減っていない」。そうでしょうとも、私だって退団後にどっぷり浸かった一人ですものと心の中でつぶやく。

そうこうするうちに、司会者が開会を宣言、聞き覚えのない声に、「あ~あ、今日ははなちゃんじゃないんだ…」と一瞬思った時、「司会の花總まりです」と…「はなちゃんだぁ~!!!」画面ではなちゃんの姿を確認。柔らかそうな肩まで髪に黒のスーツ姿。髪を耳にかけていて、颯爽としています。はなちゃん可愛い、素敵(どうして在団中は、パッツンの短めの髪だったのでしょうね。髪をお団子にしたり、制約があったのでしょうか。今の髪型はよく似合っています。)

いよいよたかちゃんの入場です。どこの扉とキョロキョロ。たかちゃん登場!「可愛い、かっこいい、…」一斉にどよめきが…白いTシャツにふわふわの羽がついた黒のベスト、黒のクロップドパンツ、そして濃いピンクの帽子。会場をぐるっと歩いてくれました。

たかちゃんのご挨拶、「シャイな人間だから、久しぶりだと、遠慮した感じになってしまいそうだから、テンション上げていこうと準備していたら、皆様が最初からテンションをあげてくれてよかった」といった話だったような…

« サマー・パーティ | トップページ | WFC SUMMER PARTY 2008 その2 »

たかちゃん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サマー・パーティ | トップページ | WFC SUMMER PARTY 2008 その2 »